IMG_7659

哀しみ模様

Posted on

冬の日本海は荒々しく厳しいですが時折覗く青空に癒されます。

さて遅ればせながら

昨年はありがとうございました、今年もお付き合い宜しくお願い致します。

実は1月28日に大学時代の友人が亡くなり、意気消沈してました。

もちろん、お通夜葬儀に参列して彼を見送りました。

なぜ巡り会うのかを…

そこで流れたレクイエム、深く感動しました。

I was deeply moved by the requiem delivered at the funeral.

そして

改めて生かされてる時間を無駄にしてはいけないと…

越前市は積雪30cmぐらいですが、嶺南小浜は70cm以上積もったとか…

さて仕事の方は、去年に引続き相談事が多いですね。

他店にクリーニングお願いしたんだけど、

染抜きを依頼したが取れてない、ワイシャツのボタンが割れてる縮んでる、ダウンが片寄ってるetc…

業界の悪口は言いたく無いのですが、ちょっと多過ぎます。

一つの事例としてあげますが、

オーダーで製ったカシミアのコートの風合いが悪く、ラペルの折返しがおかしくなって戻って来たので元に戻りませんか?

というご相談。

IMG_7660

 

IMG_7743

点検するとパサパサでカシミアの風合いや光沢が無くラペルの折返し位置も違ってました。

多分、ドライクリーニングで油分が失われ、タンブル乾燥で回されウールが起きてしまったとのだと思われます。

IMG_7661

部分的にアイロンでテストすると光沢は蘇りましたが、油分が足りないので水洗いでリセットして良質のラノリンを足してプレスして元の状態に近づけます。

裏から表、毛並みを整え全ての部分にアイロンを当てていく作業は非常に時間がかかります。

皆様は洋服等を購入する時、どの様な想いで買われますか?

このコートのお客様は、大変哀しんでおられました。

自分の本業は、修復する事ではなく大切な洋服を末長くベストな状態を維持する事です。

とはいえ自分も一人の人間です、完璧では無いのでミスをする事もあります…精進しないと。

今後、仕上がり後はギャラリーページを作成してUPして、洋服等を維持する注意点や手法等をblogでアップしていければと思い、今回はこれにて終了させて頂きます。